« シートン動物記 | Main | 絵本の世界と育児文化の創造 その1 »

December 15, 2004

クリスマスの本いろいろ

去年、娘の通っていた幼稚園でPTAの役員を引き受けてて、
役員の仕事の一つに
子どものクリスマスプレゼントとしてあげる本を選定することがありました。
去年のラインナップは下記のような感じでした。

1. サンタさんありがとう  長尾玲子作 
2. だるまちゃんとうさぎちゃん  加古里子作 
3. ながれぼしをひろいに  筒井頼子作・片山健絵 
4. まどからおくりもの  五味太郎作 
5. そりあそび ばばばあちゃんのおはなし  さとうわきこ作
6. ちいさなもみのき  マーガレット・W・ブラウン作・バーバラ・クーニー絵
7. しんせつなともだち  方軼羣 作・君島久子訳・村山知義画
8. 大きいツリー小さいツリー  ロバート・バリー作・光吉夏弥訳
9. くんちゃんとふゆのパーティー  ドロシー・マリノ作 あらい ゆうこ訳
10  サンタクロースってほんとにいるの?  てるおかいつこ 文・杉浦範茂 絵

クリスマスの話や冬の中心に選んでいて、
あとは定番のもの(2とか5など)とか
男の子がすきそうな本(4とか10)
あとは年少さんでも読みやすい本(7)
というようなことをちょっと意識してラインナップを決めました。
予算の制限があるので何でもいいわけではないんですが、
そのなかではなかなかのセレクションだったのではないかと思っています。

一番人気は(1)のサンタさんありがとうでした。
素敵な刺繍の表紙に癒し系の心温まる話がうけたようです。
去年クリスマスのキャンペーンになってた本だったので
あちこちで案内がでてたり、書店によく並んでたのも影響したのかな。
今年もこの本とこの本の続刊の「サンタさんとこいぬ」が候補になったそうなので
人気のほどがうかがえます。
あとちょっと残念だったのが(4)のまどからおくりものが意外と人気だったこと。
五味太郎さんの絵本でとても面白い本なのですが、
五味太郎さんの本はこういう機会でなくても
自分で書店にいけば出会える本なのでできれば避けたかったんですよね。
よっぽど候補からはずそうかと思ってたのですが。

うちはプーは「ちいさいもみのき」、ちょもは「ながれぼしをひろいに」でした。
自分の趣味もだいぶ入ったセレクションだから
ほんと選べなくて、なやんだんですよねー。
結局、迷って、捨てがたかった本は
ママがこっそり買い足しちゃいました。

|

« シートン動物記 | Main | 絵本の世界と育児文化の創造 その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67533/2273756

Listed below are links to weblogs that reference クリスマスの本いろいろ:

« シートン動物記 | Main | 絵本の世界と育児文化の創造 その1 »