« 親のシゴト | Main | NEVER ENDING STORY »

November 25, 2005

和製ファンタジー

上の子は今、安房直子さんの本にはまってます。
私が自分のために買ってたコレクションを、
いつのまにか読んでたらしくて、
それ以来、自分で借りてきたりしていろいろ読んでるみたいです。

ちょっとなつかしくて、
ちょっとせつないお話の数々。

淡々としてるんだけど、
なぜかぐっとその世界にひきこまれちゃって
私もやみつきになってます。

残念なことに、
単行本が絶版になってしまってるのが多いのですが、
グッドタイミングで
「安房直子コレクション」として復刊したので
なんとか手に入れることができます。

ファンタジーって言うと
外国からの翻訳本のイメージが強いですが、
安房直子は、
日本人にも固有のファンタジーの世界があったんだと
しみじみ感じさせてくれます。

ぜひぜひ一度、手に取ってみてください。

「安房直子コレクション まよいこんだ異界の話」
安房 直子 (著), 北見 葉胡/偕成社

|

« 親のシゴト | Main | NEVER ENDING STORY »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67533/7304273

Listed below are links to weblogs that reference 和製ファンタジー:

« 親のシゴト | Main | NEVER ENDING STORY »