« 我が家で作品展?! | Main | 表現のワークショップ(1) »

March 29, 2006

将来の夢

先日、友人からのメールに
「エリクソンの発達段階のチャート的には30代は
次の世代を生み、育てたり、
自分の仕事などを次の世代につたえていくって
お年ごろだそうです」というようなことが
描かれてありました。

そうなんだよねー。
私は今までいろいろなことをインプットする一方
だったのですが、
ここのところその受け取ったもの達を
アウトプットしたい欲求にかられています。
30代はーなんていっても
私はやっとその入り口にたったばかりなんだから
焦ることはないんだけど。

偶然は重なるもので
少し前に、「この仕事は絶対やってみたい!」と
思う仕事の採用試験がありました
子育て支援のコーディネーターのようなお仕事で
今まで子育てしてくるなかで
いろいろ学んだり考えたりしたことが
人の役に立たせられるかもしれないと思うと
いてもたってもいられなくなっちゃって
もうほんと1週間ぐらい苦しみ抜いて
やっとこさ履歴書と課題の小論文を仕上げて応募しました。
苦労したかいあって、書類はとおったんだけど
その次の面接で落ちてしまいました。

ダメもとだったはずなのに
予想以上におちこんじゃって、
「春からのビジョンが描けない・・・」
なんてぐちぐちいってたんですけど、
なにがつらいって、
私のもってるものを仕事を通じて形に
できるかもって思ってたのに
その場がなくなってしまったこと。

落ち込んでばかりもいられないので
山田ズーニーさんの「おとなの小論文教室。」
を読みながら
私も「なぜ?」って自分にいっぱい問いかけて
みました。
その問いかけはいまも続いているので
この話は途中経過みたいなものなんですが、
私がしたいことは結局

「私のように子育てや自分の人生に悩んじゃって
るお母さんがいて、
その人に私の見たものきいたものが役に立つなら
どんどん私からいろいろ引き出していってください。
そしてどうぞ幸せになってください」

ってことと

「胸躍るような勉強を子ども達と
いっしょに体験したい」

ってことなんだってことがわかりました。
この先このことがどういう形で
アウトプットしていけるかは
まだまだこれからで
私のこれからの夢って感じかなー。
とりあえず、まず第一歩として、
ここのところ、日常生活では
ほんと自分の気配を消すかのように
なりをひそめて暮らしていたので、
そういうのからは卒業していきたいなって
おもってるところです。

長い文を最後まで読んでくれて
どうもありがとうございました。

|

« 我が家で作品展?! | Main | 表現のワークショップ(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67533/9313286

Listed below are links to weblogs that reference 将来の夢:

« 我が家で作品展?! | Main | 表現のワークショップ(1) »