December 18, 2006

長新太展 『ピアノの音』

トムズボックス で開催中の

『長新太展 ピアノの音』を見てきました。

トムズボックスは
吉祥寺にある小さな絵本屋さんで、
月変わりでスズキコージやささめやゆきなどの展示を
開いてます。
前にも一度吉祥寺に行った時に
よって見ようと思ってたのですが、
何遍言っても吉祥寺で迷子になる私は
お店を探しだせずに断念して帰りました。
(その時は確かスズキコージ展でした)

今回は長新太ということもあって
「絶対いくぞ!」と気合いをいれて
念入りに地図も調べていたのですが、
やっぱり路地の本数数え間違えたり、
いろいろしてかなり苦戦しました。
極めつけは、
なんと道路からお店が見えない!
看板はあるんだけど、
「え、どこから入るの〜??」って感じ。
控えて来た住所には
カレルチャペック紅茶店」がある。

しばらく頭を悩ませてたら
トムズボックスへはカレルチャペックの奥から
お入りください

という案内を見つけました。
え、お店の奥?
お店は奥までカレルチャペックなんですけど・・と
半信半疑で
カレルチャペックの奥までいってみると
ほんと!ほそい廊下がありました。

その奥にお目当てのトムズボックスが!!!

もう、のっけから
「ヤラレタ〜」って感じです。
このあやしさがたまりません。

ちなみに、カレルチャペックのご存知の方は
わかるかと思うのですが、
この紅茶、かなりラブリーな缶に入ってます。
お店も当然「赤」とか「ピンク」って感じの
かなりかわいいお店。
その奥に
小さくて、使い込まれた風の書棚に
「長新太」や「スズキコージ」が
所狭しとならんでる渋ーい本屋があるんです。

まるで、「秘密基地」の気分。
で、そういうわかりにくい場所にあるにも関わらず
お店は人がたくさんいて、
こういうところに足を運ぶ人がたくさんいる
吉祥寺ってまちはやっぱりすごい!って
妙なところに関心したりもしました。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
長新太の原画展のお話。

「ピアノの音」という題名の通り、
猫やラッコなどいろいろな動物がピアノを弾いてます。
Pianono1

これが展覧会のDM

Pianono2
拡大






弾いてるピアノはただのピアノではありません。
時に魚だったり、時に貝だったり。
発想はとってもユニークなのに
絵からは静かでゆったりとした時間が流れてる。
そんな不思議な絵たちでした。
原画なので絵の具の筆あとまで見えるのですが
その筆あとまでが
そのゆったりとした時間を醸し出してるようで
絵からこういう物を発せるものなんだ〜って
とても新鮮でした。

絵本屋さんなので、
絵本屋児童書もたくさん置いてあります。
ものすごく偏ったセレクションなのですが、
その偏り具合が私にはツボだったので
とても居心地のいい本屋さんでした。

長新太やらスズキコージやら
買って帰りたいものがたくさんあったのですが、
既に家族みんな両手に荷物をもってたので
厳選して・・・

上の娘のリクエスト
Cho

「マンガ童話」
長新太作 トムズボックス刊


学校で作る卒業文集のような
手作り感のある本です。
「週刊金曜日」という雑誌で連載されてたのを
まとめたもので、大人むけの本なのですが、
娘がいたく気に入ってました。

Bonyari

「ボンヤリどうぶつえん」
長新太作 理論社



これは下の娘のリクエスト。
シリーズの「ノンビリすいぞくかん」が
とてもおもしろかったので、
こっちも!ということで買いました。
帰りの電車の中で早速よんでましたが、
お願いだから声をあげて笑わないで〜!!

Imae
「山のむこうは青い海だった」
今江祥智作 長新太絵 理論社




これは私の衝動買い!
帯にコメントしてるのが鶴見俊輔さんだったので
中身も見ずに決めちゃいました。
中学生の男の子が1人で旅をする話。
龍が出て来たり、異次元へいったりはしませんが、
自分たちの等身大の冒険って感じで
すごくいい!

今江祥智さんの話に長新太さんが絵をつけて
鶴見俊輔さんがコメントをよせる。
おまけに
この本、装丁は平野甲賀さん。

獅子欺かざるの力とはまさにこのこと。
こういう本には大人の本気を感じますね。

こういう本が是非是非子どもたちの手に
渡ってもらいたいと願わずにはいられません。

トムズボックスの1月の展覧会は
「太田大八」
これもいきたくなっちゃいそうな予感・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

吉祥寺でクリスマス買い物♪

今日は、義父母が子どもたちにクリスマスプレゼントを
買ってくれるというので、吉祥寺にいってきました。

お昼を「シャポールージュ

(洋食屋さんです。ロールキャベツやビーフストロガノフなんかが
おいしい。下の娘は海老フライを頼んでたけど、かなり立派なのが
3匹ものってました!) ←おまけにこれを完食!末恐ろしい〜。
で食べて、

その後は
おばあちゃんの玉手箱
(絵本や木のおもちゃなどがいろいろあるお店)と
Obatama

ここは、上の娘がまだ小さかった頃
よくお世話になったお店。
わらべうたを習いにきたり、
絵本やおもちゃを買ったり、
ほんとちょくちょくのぞきにいってました。
シュタイナー教育関連のものも多くおいてるせいか
とってもあったかい印象のお店です。
主に「おもちゃ箱の仲間たち」というカタログにのってるものが
多くおいてあります。

NIKITIKI
(これまた輸入おもちゃのお店)を
Nikitiki
ここは木のおもちゃの世界で有名な?!
nikitiki本店です。
木のおもちゃだと、このnikitikiと
あと「おもちゃ箱」「ブラザージョルンダン」などの
輸入元がありますが、
nikitikiの扱ってる物の質の高さと種類の豊富さは
(お値段のすばらしさ?!も)やっぱりすごいと思います。
とりあえず、ここのカタログにのってるものを買って
「これははずれだったね」ってあとから後悔したものは1つもないです。

行ったり来たりしながらクリスマスプレゼントを選んでました。
(お店2、3軒分ぐらいしか離れてません。)
で何を買ってもらったかというと、

お人形用のベッドです!
Bed1
nikitikiのカタログにのってる
「ロッキングベッド 白木」40cm

ちなみに、中に寝てるのは
私からのクリスマスプレゼント
「ぽあぽあマリア」ちゃん。
3年前に作りかけてほったらかしになってたのを
今年一念発起して完成させました〜♪


Bed2

あたまの方から見た感じ。
組み立て式で、
底板がはめてある(おいてある?)だけなので
ちいさいお子さんが使う場合は
もう少し頑丈なベッドを選んだ方がいいと思います。




Bed3


姉ちゃんも同じ物です。
枕元に物を置いてみたり、飾りをつけてみたり。
本人のベッドの様子とよく似てます(^^;






その後、義父母たちと別れて
medewo&dine」というカフェ
でお茶をして一服。
「ここならなんとかすわれるかな?」って
入ってみたんだけど、
意外にとってもいいカフェで、
ケーキもコーヒーもおいしかったし、
子どもを連れて入りやすかった!←こ れ結構大事なポイント
吉祥寺らしいシックで静かなカフェは
だいたいこじんまりしてるし
とても子連れで入りたいと思えない。
でも、ここは結構空間が広かったし、
適度にがやがやしてるから、子どもが多少がさがさしてても
気にならない。
居心地いいなーって思って周りを見回したら
子連れの人、結構いて、みんなやっぱりなあって思いました。

少し休んで元気になったところで、
トムズボックスで開催中の
「長新太展 ピアノの音」をみにいきました。
この話は長くなるので
改めて書きたいと思います。

私ひとりのときはたまーに
吉祥寺をぶらぶらしにいってたのですが
(そのときはだいたいコットンフィールドが目当て)

子どもを連れてというのは
ほんと久しぶり!
幼稚園のころに
シルバニア 森のキッチン」によったきり。

その時は、まだまだ子どもが小さいし、
夏で暑かったし、
あちこちみたりせずに帰っちゃったのよねー。
絵本やおもちゃのお店以外にも
かわいい雑貨を売ってるお店がたくさんあるので、
子どもたちにはかなりツボだったみたい。
新宿や表参道よりは
うちから少し遠いのですが、
物価の安さとこどもの連れて歩きやすさを思うと
ウィンドウショッピングはやっぱり吉祥寺!



| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2006

ひとりひとりにできること

斎藤 次郎 / 明石書店
Amazonランキング:362106位
Amazonおすすめ度:

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2006

重耳

にわかサッカーファンの私でも、
やっぱりみてしまうW杯!
今日はブラジル戦。
さすがに朝の4時には起きられなかったけど
いつもより早起きして後半の途中からみちゃいました。

先日、実家にいったときに
父の本棚から本を借りてきました。

宮城谷 昌光 / 講談社(1996/09)
Amazonランキング:71,731位
Amazonおすすめ度:
偉大なり宮城谷師
名君 重耳の生涯
晋の武公、称の巻

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 14, 2006

バーチャル本棚

わたしは、何を隠そう
本を眺めてるのが大好き!
もちろん読むのが大好きですが・・・

本の装丁ってほんと美しい!!

が、しかし、
好きな本を全部家で飾るってわけにはいかないんです。
場所的にも金銭的にも限界があります。
あぁ、でも並べたい!飾りたい!

そんな私の強い見方を発見!
WEBの本棚、その名も「ブクログ」

私のページはこちらから
ひだまり文庫

ずーっとこういうの探してたんですよ〜。

大好きな本を並べて
「はぁ〜、幸せ♪」ちょっとうっとり

ちょっと危ない?!




| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2006

読書の梅雨?!

とうとう、関東地方も梅雨入り。
いまさら・・・って感じがしないでもないですが、
湿気と低気圧に弱い私にはつらい季節がやってきました。

梅雨の季節、みなさんはどう過ごされてますか?
我が家はなんといっても
「読書の梅雨!」

春はひたすら気持ちがアウトドアに向かうのですが、
雨が降って気温がさがり湿気も満ちてくると
とたんにインドア派に様変わり。
日がな一日、ゴロゴロしながら本をよむ毎日をすごしています。

最近よんだ本の中から・・・
Chronicles1 クロニクル 千古の闇1
「オオカミ族の少年」

ミシェル・ペイヴァー作

図書館で予約してたんですけど、
何ヶ月待ったんだろう?
半年近いかなー。
やっと私の順番がきました



まず、この表紙!
酒井駒子の絵なんですけど、いい仕事してます♪
私は、この表紙に惚れちゃったんですよねー。
「この本が私の本棚にあったらなんて素敵なんだろう」と
中身も読まず衝動買いしそうになりましたが、
我が家の本であふれかえってる本棚を思い出し、
とりあえず読んでからにしようと
なんとか思いとどまりました。

話は、大昔まだ人が農耕をしらず、
狩猟や採取で暮らしていた時代のこと。
巨大な熊の姿をした悪霊に襲われた父との
誓いを守り、「精霊の山」をさがす旅にでたトラク
道連れは生まれて間もない子オオカミ。
トラクは無事に精霊の山を探し当て、
悪霊を倒すことができるのでしょうか?

話はシンプルですが、
その描かれてる世界に惹き付けられます。
森が、夜の闇が肌に伝わってくるようです。
肌にざわざわって来る感じ。

最近、上橋菜穂子さんとかこの本とか
この「ザワザワ」感のある本をよんで
その世界に浸るのが気に入ってるんですけど、
時々、ふっとこわくなるんです。
本を読んでる時、ものすごく幸せで
自分もその世界の中に生きてる気分になって、
でも、現実は違う訳で、
我に返った時に
自分が自然と調和していない存在であることに
落ち着かなさを感じてしまう。
「いてもたってもいられない」って感じになるんだけど、
だからって、どうしたらいいっていいのかわからない。
意味もなく、
ヨガをしてみたり、ご飯を玄米にしてみたりしたんだけど
そんなことじゃもちろん解決しません。
どうしたもんかなーと思ってるところです。

えー、長くなってしまいましたね。
ここまで読んでくださった奇特な方
どうもありがとうございます。
最近読んだほかの本ももっと紹介しようかと
思ってたんだけど、それはまた次回。


「クロニクル 千古の闇」は6巻出る予定で
少し前に2巻目の「生霊わたり」がでてます。

それから、今月号の「ソトコト」には
作者のミシェル・ペイヴァーさんの
インタビューが掲載されてます。












| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2006

図書館へいきました。

雨がふりかけてたので、
今日は歩いて図書館までいってきました。
予約してた本がいっぱい届いてて
うれしかったんですけど、
どれもヘビー級!
絶対2週間じゃ読み切らないっ!!

今日、借りたのは
・バーティミアス サマルカンドの秘宝
・火の山ー山猿記 上/下
・黄金の羅針盤
・12歳からの読書案内
・ウェブログ心理学

娘達は家で「劇場版 ニルスの不思議な旅」
を見てたので家でお留守番。
彼女たちは今週は水曜が早帰りなので
きっと図書館にいくだろうから
予約してて届いた本だけとってきました。

上のこは
ジェニファーと不思議なカエル 
  (マジックショップシリーズ)

下の子は
・デルトラクエスト 1

です。
上のこは学校で「朝びらき丸東の海へ」を借りちゃってるので
それを読み終えちゃわないとほかに手が出せないだろうな〜


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2006

読書日記

本の話を書くときに、
このブログはちょっと不便で、
(つかいこなせてないからかなー?)

試しに、本の話は
ささやかなシアワセ♪別館

で書いてみることにしました。
はてなダイアリーを使ったんだけど
本の画像などをのせるのが楽なんです。

というわけで、別館のほうもどうぞよろしく!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2006

『バッテリーⅥ』

http://images-jp.amazon.com/images/P/4774606367.09.LZZZZZZZ.jpg
「バッテリー」あさのあつこ著
やっと最終巻の6巻を読み終えました♪

4巻までは文庫になってるので
買ったのですが、
残りは図書館で予約してたら
半年ほどかかりました。
人気なのね〜。

シリーズの最後を締めくくるのに
ふさわしい、とてもさわやかなおわりでした。
もとは児童文学として出版されてますが
大人には大人の楽しみ方がある本だと思います。

バッテリーは映画化が決まったそうですね。
出演する子たちをオーディションするって
どこかで読んだ気がします。
個人的には
ピッチャーの巧くんは柳楽くんがいいな〜。
それで、巧くんの弟の青波くんは
神木隆之介くんでみたいな〜。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 25, 2005

和製ファンタジー

上の子は今、安房直子さんの本にはまってます。
私が自分のために買ってたコレクションを、
いつのまにか読んでたらしくて、
それ以来、自分で借りてきたりしていろいろ読んでるみたいです。

ちょっとなつかしくて、
ちょっとせつないお話の数々。

淡々としてるんだけど、
なぜかぐっとその世界にひきこまれちゃって
私もやみつきになってます。

残念なことに、
単行本が絶版になってしまってるのが多いのですが、
グッドタイミングで
「安房直子コレクション」として復刊したので
なんとか手に入れることができます。

ファンタジーって言うと
外国からの翻訳本のイメージが強いですが、
安房直子は、
日本人にも固有のファンタジーの世界があったんだと
しみじみ感じさせてくれます。

ぜひぜひ一度、手に取ってみてください。

「安房直子コレクション まよいこんだ異界の話」
安房 直子 (著), 北見 葉胡/偕成社

| | Comments (0) | TrackBack (0)