January 11, 2007

冬はゲーム♪

「ゲーム」が「DS」の代名詞のようになって来た
今日この頃ですが
アナログ家庭の我が家では
カードゲームやボードゲームもまだまだご健在。

Game3
左の写真は「ロッティ・カロッティ」というゲーム。
すごろくの1種というのかな?


山の麓から人参のところまでカードでひいた目の数だけ
駒をすすめていきます。
で、このゲームのおもしろいところは
「クリック!」カードがでると
にんじんをくるっとまわすのですが、
まわすとなんと落とし穴が!
しかもこの落とし穴、にんじんを回すと移動していきます。
自分の駒がおちちゃうと
スタートからもう一度。
ゴール付近にはとくに多く落とし穴スポットがあるので
どんでんがえしもアリです。

運が大事なゲームなので
大人も子ども(特に下のチビちゃん)も一緒に楽しめるので
家族団らんにもってこい!
Game2




お友達と遊ぶ時も
ルールが説明しやすいし
彼女たちの遊び時間内に決着がつくので
手軽に盛り上がれます。
わーわーきゃーきゃー大騒ぎです。

それから、
Game1
右の写真は先日、夫が子どもに買って来た
「水道管ゲーム」
昔からあるゲームだそうですが
みなさんご存知ですか?

夫が子どもの頃によくやったそうで
「ぜひあれをこどもとやりたい!」ということで購入。

自分のバルブからカードをついでいき
最終的に蛇口につながるようにします。
途中で水もれカードで他の人を邪魔したり
蛇口(向きがあります)がうまくつながる位置に
パイプがこなくて時間がかかったり
静かにハラハラするゲームです。

下の子が理解できるか心配だったんだけど
親の心配はよそに楽しんでました。
我が家の週末の定番に仲間入りです。

水道管ゲームは実物がみたかったらしく、
夫はあちこちみてまわったそうですが
近所のおもちゃやさんやその他もろもろには
どこにもおいてなかったのよ〜
(アマゾンの通販で買いました。)

お値段約1000円。
こんなに安くて楽しいのにちょっともったいないな〜。

ゲームって
夏の熱い最中より寒い冬の方が似合うのはなんでだろう?

| | Comments (346) | TrackBack (1)

December 18, 2006

吉祥寺でクリスマス買い物♪

今日は、義父母が子どもたちにクリスマスプレゼントを
買ってくれるというので、吉祥寺にいってきました。

お昼を「シャポールージュ

(洋食屋さんです。ロールキャベツやビーフストロガノフなんかが
おいしい。下の娘は海老フライを頼んでたけど、かなり立派なのが
3匹ものってました!) ←おまけにこれを完食!末恐ろしい〜。
で食べて、

その後は
おばあちゃんの玉手箱
(絵本や木のおもちゃなどがいろいろあるお店)と
Obatama

ここは、上の娘がまだ小さかった頃
よくお世話になったお店。
わらべうたを習いにきたり、
絵本やおもちゃを買ったり、
ほんとちょくちょくのぞきにいってました。
シュタイナー教育関連のものも多くおいてるせいか
とってもあったかい印象のお店です。
主に「おもちゃ箱の仲間たち」というカタログにのってるものが
多くおいてあります。

NIKITIKI
(これまた輸入おもちゃのお店)を
Nikitiki
ここは木のおもちゃの世界で有名な?!
nikitiki本店です。
木のおもちゃだと、このnikitikiと
あと「おもちゃ箱」「ブラザージョルンダン」などの
輸入元がありますが、
nikitikiの扱ってる物の質の高さと種類の豊富さは
(お値段のすばらしさ?!も)やっぱりすごいと思います。
とりあえず、ここのカタログにのってるものを買って
「これははずれだったね」ってあとから後悔したものは1つもないです。

行ったり来たりしながらクリスマスプレゼントを選んでました。
(お店2、3軒分ぐらいしか離れてません。)
で何を買ってもらったかというと、

お人形用のベッドです!
Bed1
nikitikiのカタログにのってる
「ロッキングベッド 白木」40cm

ちなみに、中に寝てるのは
私からのクリスマスプレゼント
「ぽあぽあマリア」ちゃん。
3年前に作りかけてほったらかしになってたのを
今年一念発起して完成させました〜♪


Bed2

あたまの方から見た感じ。
組み立て式で、
底板がはめてある(おいてある?)だけなので
ちいさいお子さんが使う場合は
もう少し頑丈なベッドを選んだ方がいいと思います。




Bed3


姉ちゃんも同じ物です。
枕元に物を置いてみたり、飾りをつけてみたり。
本人のベッドの様子とよく似てます(^^;






その後、義父母たちと別れて
medewo&dine」というカフェ
でお茶をして一服。
「ここならなんとかすわれるかな?」って
入ってみたんだけど、
意外にとってもいいカフェで、
ケーキもコーヒーもおいしかったし、
子どもを連れて入りやすかった!←こ れ結構大事なポイント
吉祥寺らしいシックで静かなカフェは
だいたいこじんまりしてるし
とても子連れで入りたいと思えない。
でも、ここは結構空間が広かったし、
適度にがやがやしてるから、子どもが多少がさがさしてても
気にならない。
居心地いいなーって思って周りを見回したら
子連れの人、結構いて、みんなやっぱりなあって思いました。

少し休んで元気になったところで、
トムズボックスで開催中の
「長新太展 ピアノの音」をみにいきました。
この話は長くなるので
改めて書きたいと思います。

私ひとりのときはたまーに
吉祥寺をぶらぶらしにいってたのですが
(そのときはだいたいコットンフィールドが目当て)

子どもを連れてというのは
ほんと久しぶり!
幼稚園のころに
シルバニア 森のキッチン」によったきり。

その時は、まだまだ子どもが小さいし、
夏で暑かったし、
あちこちみたりせずに帰っちゃったのよねー。
絵本やおもちゃのお店以外にも
かわいい雑貨を売ってるお店がたくさんあるので、
子どもたちにはかなりツボだったみたい。
新宿や表参道よりは
うちから少し遠いのですが、
物価の安さとこどもの連れて歩きやすさを思うと
ウィンドウショッピングはやっぱり吉祥寺!



| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2006

うちの動物(2)〜シールぐま

mama







今回はこのぬいぐるみ
「ままちゃん」

nikitikiのカタログに載ってるシールぐまという
シリーズのぬいぐるみで、
身長が50センチほどあります。

一昨年の夏にこの家に引っ越してきたんですけど
新しい環境になかなかなじみずらい下の子に
励ましの意味をこめて
お誕生日にこのぬいぐるみをプレゼントしました。

この「ままちゃん」
ほんとに抱き心地がいいです。
毛並みがまず気持ちがいいのはもちろんのこと
小脇に抱えても、抱っこしても
程よくなじむような形になってます。
丸洗いできるってのもうれしい♪

持ち主であるうちの下の子は
毎日このままちゃんと一緒に寝てます。
自分のベッドから私の布団に潜り込みにくる時も
ままちゃんは連れてきます。
実家に帰省したりするときも
やっぱり連れてきます。
ぬいぐるみ冥利につきるってのは
こういうことなのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2006

うちの動物(1)〜Spiel Form

spielform1






去年の下の子の誕生日に買った
スピールフォーム。

以前に通ってた幼稚園に飾ってあって、
いいなあってずっと思ってたんです。
娘が「誕生日にこれが欲しい!」と
言ってくれたのでやっと買えました♪

テーマは『動物園?!』

spielformgorraff






きりんの親子や

spielformlion






ライオンの親子がいます。
母ライオンもいるのですが、
彼女はどうも出張中らしい。

なぜ、キリンとライオンが隣同士?!
というツッコミはおいといて・・・

私は、このおもちゃは、
集めて飾って眺めるものだと思ってたのですが、
娘は、お人形ごっこの仲間にいれたり、
お出かけのお供に連れ歩いたりしてます。
かわいがってくれていて何よりです。

次は何を買おうかな?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 05, 2006

うちのNaef その2

その2は「ネフスピール」

 naefspeal1    

こんな積み木





マイファーストネフはこのネフスピールです。
ネフの積み木が欲しくて欲しくて、
でもいっぺんには買えないから
何から買おうかと考えたときに、
「会社の名前をつけてるぐらいだから
これは自信作に違いない」と
ネフスピールにきめました。
 

spealnaname
こんな風に
ななめに組み合わせたり、






spealnaname2 こんな風に
絶妙な感じで
積み重ねていったり
できます。




純粋に積み木を積み上げて楽しんだり、
木のレールの汽車で遊ぶときに
トンネルにしたり、駅にしたり、
ドールハウスで遊ぶときには、
階段にしたり、家具にしたり。
ごっこ遊びにもずいぶん活躍します。
大人の私からすると
一見、これはどうやって遊ぶんだろう?
って感じなんですが、
子供の好奇心を思う存分くすぐってくれます。

spealobje

こんなアンバランスな
形だってつくれるんです。





この積み木を買うときには
収納用の木箱も一緒にかうことをお薦めします。

spealkatazuke
積み木ショーで教えてもらった
美しい片付け方♪

箱にいれる時のその並べ方も
子供たちの楽しみの一つになってます。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2006

うちのNaef その1

うちには、色々なおもちゃがあります。
それぞれにうちに来たStoryがあり、
来てからもいろいろな思い入れがあります。
そんなつれづれなる話を
ぼちぼちご紹介させていただきたいと思います。

記念すべき第一回目は

ジャジャーン

Naefのダイヤモンド。

diamond3


うちの家宝です。なんてね。

でもね、これを買った時はほんと
清水の舞台から飛び降りる気持ちでした。

このダイヤモンドは、

4年ほど前、百町森のお店に
1度だけ行ったことがあるのですが、
そのときに買いました。
百町森のお店に行った記念に
同じNaef社の「リグノ」を買おうと決めて
行ったのですが、
運良く、その日は
積み木おじさんこと相沢康夫さんの
積み木ショーをやっていて、
そのショーをみた上の子が
「絶対ダイヤモンドが欲しい!!」と
言いだし、紆余曲折の末、
ダイヤモンドを買いました。

うちには縁のない積み木だろうと思ってたので、
ダイヤモンドがうちにやって来ても
なんだか、お客様が来たような気分だったのを
覚えています。

この積み木、ほんとすごいんです。
見れば見るほど、美しく、不思議で、
あそんでもあそんでも飽きがこない。
うちの娘はいまだにこの積み木を
ちょこちょこ触ってます。

あの時、清水の舞台を飛び降りといてよかった〜

今は
diamond1

こんな形。
お題は「門松」
少しお正月を意識したそうです。

diamond2



ばらすとこんな感じ。
もっと細かくなりますよ。
とっても幾何学的です。

わたしの、文章じゃダイヤモンドの良さが
全然伝えきれてません。
気になる方は何かの機会に
相沢さんの積み木ショーをごらんになってください。
ダイアモンドの良さを余すことなく
伝えてくれるはずです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)